ゴーヤチャンプルー

シェアする

チャンプルーとは沖縄方言で「混ぜこぜにしたもの」というような意味であり、野菜や豆腐に限らず、さまざまな材料を一緒にして炒め合わせる。ゴーヤーチャンプルーはその中でも、最もメジャーなチャンプルーです。
wiki引用

ビール
日本酒
焼酎
ワイン(白)

ゴーヤーチャンプルー以外にも、さまざまな種類がある。

タマナーチャンプルータマナー(玉菜)
キャベツのことで、キャベツ中心のチャンプルーを指す。

マーミナーチャンプルーマーミナー(豆菜)
モヤシのことで、モヤシ中心のチャンプルーを指す。

パパヤーチャンプルー
パパイヤを千切りにして、ポークやにんじんなどと炒める。
豆腐は入れずにイリチーにすることが多い。

チキナーチャンプルーチキナー(漬菜)
塩漬けにしたシマナー(島菜=カラシナ)のことで、これを中心に用いたチャンプルーを指す。

ナーベーラーチャンプルー
ヘチマのことで、青い状態のヘチマを豆腐やポークなどと炒める。

豆腐チャンプルー
豆腐の入った炒め物(チャンプルー)全般を意味する。

フーチャンプルーフー
麩のことで、沖縄県で常用される車麩を水や卵液に浸したものを、野菜などとともに炒める。

ソーミンチャンプルー
みんなん大好き素麺のチャンプルー。

〜〜管理人感想〜〜

ゴーヤーチャンプルーは好き嫌いが大きく分かれます。
特に苦いのは無理な人は、ちょっときついかもしれません。ただ、たいていのビール好きであれば、あの苦さは病みつきになるかと。

その他、個人的には、豆腐と野菜のチャンプルーと、素麺のチャンプルーはよくやります。

素麺チャンプルーは見た目とは裏腹に、かなりのボリュームがあり、それだけで十分腹一杯になる料理です。値段も安いので、で節約にもうってつけです。

スポンサーリンク

シェアする