酒盗

シェアする

shutou

酒盗(しゅとう)とは、魚の内臓を原料とする塩辛である。高知県の名物。
wiki引用

ビール
日本酒
焼酎
ワイン(白)

新鮮なカツオの内蔵に塩を加えて腐敗菌の増殖をおさえ、有用微生物と自己消化酵素によって発酵、熟成したもの。つまり発酵食品。熟成がポイントです。

その歴史は古く、正徳2年(1712年)から存在が確認されていたとか。

main

〜〜管理人感想〜〜

とにかく塩辛い。あとは発酵食品特有の味って感じ。

ああ、凄まじく日本酒に合う。

管理人は「黒松剣菱」とともに、内臓チーズ(酒盗とナチュラルチーズを和えたやつ)を楽しんでいるよ。最高っ!!
31mkgmzukol-_sx342_

20100107_28%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

カツオ、マグロ、鯛、ホヤなど様々な種類がありますが、スーパーでは、主に「マグロ酒盗」「カツオ酒盗」が売ってます。

そして管理人はまだカツオとマグロしか堪能しておりません。

スーパーは、あんまり目立つところには置いていないかもしれませんが、頑張って探してみてください。

マグロの酒盗は、生臭みが少ない感じ。ただ人気があるのはカツオの方らしい。
酒盗というだけあって、焼酎、日本酒との相性は抜群。少量でかなりのお酒がすすみます。
あまり知られていないのが、ご飯と合うということ。かなり合います。むしろこっちが主体なのかもしれません。

あと、チーズと組み合わせると、生臭みがすごく抑えられます。

応用として、酒盗パスタなどの火を加えた調理がありますが、マグロ、カツオなどは、火を加えると身が縮こまってなくなります。

歯ごたえを楽しむのあれば是非そのままで。

スポンサーリンク

シェアする